Home » 賃貸のよくあるご質問 » 中国語が話せない場合、どのような物件を選べばいいですか?
  • 中国語が話せない場合、どのような物件を選べばいいですか?
  • ほとんどのサービスアパートでは、英語を話せるスタッフが常駐しています。
    英語が話せる場合、サービスアパートを選ぶことで、生活する上で支障が出ることはほとんどありません。
    最近では、英語で対応できる管理会社が入る個人オーナー物件の数も増えてきており、選択肢の幅は広がってきています。
    英語が話せない場合、日本語が使えるスタッフが常駐しているサービスアパートに入居するのが一般的です。

    ベターハウスが提供するアフターサービスを利用すれば、すべてのやりとりについて日本語で対応いたします。
    中国語しか使えない個人オーナー物件についても、ベターハウスが日本語で対応し、お客様の要望にお応えいたします。
    ことばの問題に悩まされることなく、安心して中国での生活を送ることができます。

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2018 上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス All Rights Reserved.