Home » 最新情報 » 国家郵政局 海外向けサービスの開拓を奨励

国家郵政局 海外向けサービスの開拓を奨励上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス

category : 最新情報

中国の国家郵政局は近日、2020年に海外向け宅配便サービスを導入することを発表した。明らかにしたところでは、企業が資源を統合し、チャンネルのネットワーク化、貨物のハンドリング、航空輸送力などにおける共同構築と共有を奨励し、多様な形で国際サービスネットワークを拡大し、国際運営能力や競争力を高め、国際宅配便の出入国インフラの整備を加速させ、通関の利便化を整えて行くこと。

統計によると、2019年の郵政業務取扱総量が1兆6千億元で、収益が9600億元に上り、前年と比べてそれぞれ30%と21%の伸びとなっている。うち、宅配便取扱個数が630億個で、売上が7450億元で、対前年比でいずれも2割以上の伸びでいる。また、20万人以上の新規雇用を創出している。

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2019 上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス All Rights Reserved.