Home » 最新情報 » 日本で多くの「新中華街」次々と出現

日本で多くの「新中華街」次々と出現上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス

category : 最新情報

日本で発行する「中文導報」の報道によると、日本で生活する外国人の数が日本新出入国管理法施行に伴い、再びピークに達する可能性があるという。

その中、在日華人集中するエリアは、伝統的な中華街(横浜、長崎、神戸南京町)でなく、池袋や新宿、早稲田大学周辺、川口市、蕨市、大阪新今宮駅南側も華人密集地となってきて、新たな「中華街」の雛形が出現している。

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2019 上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス All Rights Reserved.