Home » 最新情報 » 日本におけるアリペイ加盟店数 30万店以上

日本におけるアリペイ加盟店数 30万店以上上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス

category : 最新情報

新華社の報道によると、日本におけるアリペイ加盟店舗数が30万店を超えたことが分かった

世界最大規模の調査会社であるニールセンが発表した報告によると、「海外滞在先にアリペイ対応店舗があれば、購入意欲が高まる」と回答した中国人観光客は90%以上に達している。また、アリペイを導入した中国国外店舗の約60%が、導入後、来客数と売り上げが増加したとしている。

2020年の東京五輪の際には訪日観光客が押し寄せることになるが、支付宝(アリペイ)を運営するアントフィナンシャルの井賢棟CEOは、「アリペイが加盟店と訪日客の懸け橋になる」とし、「日本各地のさらに多くの企業や店舗にアリペイを導入してもらうことで、インバウンド消費の利便性をさらに高め、日本の地方創生に貢献したい」と表明した。

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2018 上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス All Rights Reserved.