Home » 最新情報 » 中国全国PM2.5濃度 2018年平均9.3%減少

中国全国PM2.5濃度 2018年平均9.3%減少上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス

category : 最新情報

中国の生態環境部の李幹傑部長は近日、全国政治協商会議第13期第2回会議で「2018年は全国338の都市で、PM2.5の平均濃度が2017年に比べて9.3%下がった。」と述べた。特に、北京では12.1%減少したという。
これから、空気汚染、長江汚染、農業・農村汚染など7つの分野に取り組んでいくとも述べた。

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2018 上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス All Rights Reserved.