Home » 最新情報 » 中国輸入博を契機に「日中間の相互理解増進」に期待

中国輸入博を契機に「日中間の相互理解増進」に期待上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス

category : 最新情報

世界初の「輸入」をテーマにする博覧会である第1回中国国際輸入博覧会が5日に上海で開幕した。
開幕式では、習近平国家主席が「包容的で開放型の世界経済を共に作る」と題する基調演説を行い、参加者から高い評価を得ている。
ゲストとして開幕式に招かれた日本の文化放送の三木明博代表取締役会長は、今回の輸入博に関して、「ただ、物の輸入と輸出という関係だけではなく、一番大事なのは経済交流を通じて、お互いの理解が深めることだ」と述べ、更なる中日間の相互理解の増進につながるきっかけになることから、「今後もより多くの日本企業に参加して欲しい」との期待を寄せた。一方、「中国企業がたくさん日本に進出しているが、日本人の中国企業に対する、あるいは中国という国に対する理解をもっともっと深めていく必要がある」と、メディアとしての役割を果たすことへの意気込みを語った。

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2018 上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス All Rights Reserved.