Home » 最新情報 » 中国宅配取扱量、3年連続で世界トップ

中国宅配取扱量、3年連続で世界トップ上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス

category : 最新情報

7日、北京で「強郵フォーラム」が開催され、中国は宅配便の取扱量が3年連続で世界一となり、多くの業者がモデルチェンジに向けて技術の向上に取り組んでいることを発表した。
この5年間で、中国の宅配取扱量が4.6倍、売上高が3.7倍となり、取扱量は世界全体の40%に達している。現在、中国の登録宅配業者は2万2000社あり、1日の取扱件数は1億件を超え、平均送達日数は3日以内となっている。
飛躍的な発展を遂げる宅配産業は、業務の集中化を進めており、ビッグデータ、人工知能、IOT(モノのインターネット)、クラウドコンピューティングなどの最先端技術を幅広く活用して、サービスレベルや収益の向上を果たしている。
また、技術の進歩により、仕分けロボット、スマート型宅配ボックス、ドローン、無人走行車なども急速に取り入れられている。

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2018 上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス All Rights Reserved.