Home » 最新情報 » 中国29の主要都市 7月の商品住宅成約率が前年同期比26%減

中国29の主要都市 7月の商品住宅成約率が前年同期比26%減上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス

category : 最新情報

2日に中国指数研究院が発表したデータによると、7月にモニタリングが実施された29の主要都市における商品住宅の成約面積が前月比で8.69%減少し、6割近い都市の成約率が前月比で下落し、29都市の不動産市場の成約率が前年同期比約26%減少した。

代表的な一二三線都市の不動産市場の成約面積が、いずれも異なる程度で減少している。そのうち、一線都市の不動産成約件数の減少幅が「最も大きく」前年同期比46.02%減となり、北京、広州の減少幅が前年同期比で50%を超えた。代表的な二線都市の成約面積は前月比で4.11%減少し、前年同期比23.03%減少した。代表的な三線都市の成約面積は前月よりも17.51%減少し、前年同期比16.40%減少した。

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2017 上海賃貸住宅アパマンショップベターハウス All Rights Reserved.