Home » 最新情報 » 日本のコンビニ 外国人留学生の採用強化

日本のコンビニ 外国人留学生の採用強化深セン賃貸ベターハウスでお部屋探し

category : 最新情報

日本では少子高齢化の人手不足が深刻化し、各コンビニエンスストアは外国人留学生を積極的に採用していることは日本の時事通信社から報道された。

ローソンは2016年6月、ベトナムと韓国に5カ所の研修所を設置し、日本で働くことを前提とした日本文化および店舗作業の講習を実施した。

ファミリーマートは2016年から説明会を行い、何十名外国人を採用した。今年も数回の説明会を予定している。

セブンイレブンも2016年秋から外国人従業員を対象としたレジ打ちと接客の講習を実施し、礼儀や商品などについて教えている。

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2017 深セン賃貸ベターハウスでお部屋探し All Rights Reserved.